顎ニキビ跡を消したい!

顎ニキビ跡を消したい!ニキビ跡をなくせる、繰り返さない方法&化粧品


顎ニキビ跡を消したい!という場合
大切なのは正しい治療方法徹底的な保湿です。

 

顎ニキビ跡のパターンは主に3つ。

 

  • 色素沈着
  • ケロイド状のしこり
  • クレーターの凸凹

 

ここでは

着実な治療方法

一緒に選ばれている顎ニキビ跡化粧品

を解説していきます。

顎ニキビ跡〜クレーターの治療方法


顎ニキビをはじめとしるニキビ跡で1番深刻になるのがクレーターです。

 

クレーターを作らないためには、まず早い段階で
保湿を行う必要があります。

 

もしも、完全にクレーター化してしまった際には皮膚科などでの専門治療もあります。

各クレーター治療のメリット・デメリット

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは若い女性に人気の美容方法の一つです。皮膚の表面には古い角質がこびりついています。その古い角質を取り除き、ターンオーバーさせることによって決め細やかな肌にすることが出来る方法の一つとされています。ケミカルピーリングを行うときには、薬剤を使用して角質を除去していきます。
ケミカルピーリングのメリットとはなにかというと、ターンオーバーをすることによって傷や吹き出物などを修復しやすくすることができます。
しかしケミカルピーリングにはデメリットもあります。そのデメリットとはなにかというと、まず施術を行うだけではなくその後のケアについても重要といえます。また、ニキビ跡クレーターに対してはこの方法を行っても完全に凹凸を消すことは難しいです。ただ、できてしまった肌を凹凸を目立たなくすることはできます。

フラクセル治療

フラクセル治療のメリットとは、いろいろな皮膚の傷などを一気に治療をすることです。ニキビ跡クレーターや、大きな傷跡、妊娠線なども治療をすることが可能であり、多くの症状を良いものに変えることができるので、魅力的です。レーザー照射で皮膚表面にミクロ単位の穴をあけていき、古い皮膚を生まれ変わらせるような働きがあり、1回の治療で5〜15%の肌を変えていくことができるため、良い治療方法になっています。フラクセル治療のデメリットとは、1回あたりの治療の費用が高額であり、5万円前後で治療を行うことができる治療方法であるため、皮膚の状態を医師にしっかりと見てもらってから、よい治療を選ぶことが重要になっています。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルのメリットとは、肌に優しい光をあてることで治療をすることができるため、治療後に肌に異常が生じることが少なく、安心できる治療をすることができます。肌のターンオーバーを促し、キメ細やかな肌へと変身させることができ、あらゆる肌トラブルに効果的であり、魅力が多いです。ニキビ跡クレーターも治療をすることができ、よい状態に改善することができます。フォトフェイシャルのデメリットとは、効果に個人差があるため、1階だけの治療では効果を得にくい場合があり、治療を繰り返す必要があることです。そのため、医師と治療に関する相談をしっかりとすることが大切になっていて、よいものを探していくことが大切です。

FGF治療

FGF治療とは線維芽細胞増殖因子というタンパク質を肌に注入、そのことにより線維芽細胞が増殖しますからシワやくぼみ、その他ニキビ跡クレーターといったものが大きく改善される治療となります。このFGFのメリットとは安全性の高さで、他の治療と違い異物を注入するわけではなく自己組織再生の機能が向上されることによりコラーゲンやエラスチンの生成が行われるのです。ただし美容目的の施術につきもののリスクを考える必要性もあり、特に考えておかなくてはいけないデメリットとは不自然な盛り上がりを生じさせてしまう場合があるということです。つまりコラーゲン等が再生され過ぎてしまうことによるもので、防ぐにはFGF治療の経験の豊富なクリニックを選ぶことが大切となります。

培養表皮移植

培養表皮移植のメリットとは、自分の耳やワキの下のような目立たない皮膚を培養して移植することによって、あらゆる場所の皮膚をきれいな状態に変えることができことです。かなりひどいニキビ跡クレーターもきれいに消していくことが可能であり、美しいものに仕上げてもらえるため、魅力が多いです。培養表皮移植のデメリットとは、皮膚の培養のための時間がかかることであり、培養には最低でも1カ月以上かかります。また、高額な医療費がかかってしまう小尾友デメリットになっていて、費用対効果に関してしっかりと考えて治療をすることが大切です。ニキビ治療の最終手段になっているため、他の治療では治らなかった人におすすめの治療になっています。

クエン酸ピーリング

クエン酸ピーリングとは、クエン酸の酸性を利用して、皮膚の表面の古くなった角質を溶かして落とすピーリング方です。古い角質が自然と剥がれ落ちることで新しい皮膚が再生されて、ニキビやニキビ跡クレーターが次第に目立ちにくくなってきます。
クエン酸ピーリングのメリットとは、ピーリングにかかる費用が少なくて済むと言ったことです。クエン酸ピーリングは自宅ででき、お金がかからないのでたいへん手軽に始められます。
クエン酸ピーリングのデメリットとは、角質をはがすため肌に対して若干の負担がかかります。ですので、クエン酸の濃度が濃すぎると肌に赤みが出たりするケースもあります。敏感肌など肌が弱い方は特に注意が必要ですね。

乳酸ピーリング

乳酸ピーリングとは、美容クリニックで取り扱われるケミカルピーリングの一種にあたります。ケミカルピーリングでは、おもにグリコール酸が用いられるのが一般的で、肌の代謝を促進する効果があります。一方、乳酸を使ったケミカルピーリングのメリットとは、皮膚へ深く浸透するのでニキビ跡クレーターといった症状に効果があるところです。しかも、肌への刺激が少なく色素沈着の改善も見込めることから、敏感肌の方にも勧められる点も高評価です。また、乳酸ピーリングのデメリットとは治療にかかる期間が長く、だいたい2週間サイクルで最低は5回の通院が必要になってきます。そのため、ニキビ跡クレーターといった治療を施すには、患者自身の根気が求められることになります。

AHAピーリング

AHAピーリングのAHAはフルーツに多く含まれることからフルーツ酸とも言われています。
AHAの酸にはピーリング作用があり、特にグリコール酸は皮膚科のケミカルピーリングの薬剤としてよく使用されています。
AHAピーリングのメリットとはAHAの酸は他の多くの酸の中でも1番低刺激なので、肌へ過剰な負担や刺激を与えずにピーリングが出来るということです。
特にニキビ跡クレーターにはAHAピーリングで毛穴詰まりの原因でもある古い角質を取り除くことで、肌のターンオーバーを整え新しい皮膚の再生を促し、ニキビ跡を剥がし落としていくことが効果的です。
反対にAHAピーリングにおけるデメリットとはピーリング後は肌表面に肥厚していた古い角質がなくなることで、一時的に肌を守る壁とも言えるバリア機能を失った状態になるため刺激を受けやすく乾燥しやすくなることといえます。ですのでピーリング後の保湿ケアがとても重要です。

TCAピーリング

TCAとは、トリクロロ酢酸のことをいい、腐食性を持つ物質で、このTCAを用いて皮膚のへこみを改善さえるTCAピーリングは、2〜3ミリ以上の大きさのニキビ跡を目立たなくさせる効果があります。
TCAピーリングのメリットとは、皮膚の深い部分の真皮にまで届いて、人工的にやけどを起こして、皮膚のコラーゲン生成を促し、ニキビ跡クレーターやシミ、しわなどに効果を発揮します。
ただ、デメリットとして、ピーリング後の症状が治まるまでには、1ヶ月程度かかります。
また、ニキビ治療でTCAピーリングを利用する場合には、1ヶ月から2ヶ月程度の間をあけて、5回ほど施術を受けるケースもあり、繰り返し治療を受けることで、より効果がましていきます。
このように、TCAピーリングのデメリットとは、何度も治療を受ける必要があり、そのたびに肌が赤くなるということがあげられます。

顎ニキビ跡〜色素沈着を消す方法


顎ニキビ跡は繰り返しできやすいことや、Tゾーンや頬などに比べると、どうしても手で触ってしまいがちな部分でもあり、茶色のシミ、紫色のシミになって残りやすいのです。

 

そんなシミなどの、一度できてしまった色素沈着を消す方法とは、肌の内側から丁寧に時間をかけて栄養を摂り、肌のターンオーバーを促して行くことがもっとも確実なのです。
まず、肌の材料であるコラーゲンを食事で摂取することを心がけましょう。

 

食生活が不規則な場合には、サプリメントやドリンクでもよいので、毎日コンスタントに摂取するのが望ましいです。
また、そのコラーゲンを体に正しく摂り入れるために必要なビタミン類も合わせて摂るようにしましょう。

 

新鮮な野菜、ことにトマト類がリコピン豊富です。
リコピンは緑黄色野菜の色素であるカロテノイドの中でも抗酸化力が強いのが特徴で、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持ちます。

 

活性酸素を駆逐するリコピンを美味しく食べられて、さらに明日、明後日のための肌をきちんと再生していくのに、トマトは大変適しています。
リコピンは加熱しても損なわれることがない栄養素なので、スープやパスタなどにして取り入れやすく、また、生の酵素やビタミンを重視するのであればサラダやスムージーなどにして毎日変化をつけて食べることもお勧めです。

 

また、肌細胞の活性化、保湿のためにローションを使ったコットンパックなども施してみましょう。
たっぷりのローションを含ませたコットンを薄く剥がして顔全体に貼って三分ほどパックしましょう。

 

入浴後などに定期的に施し、その際に、顎ニキビ跡が目立つところに美白美容液などを足してパックするのをお勧めします。
保湿後には、その後乳液やクリームを薄く塗って蓋をしましょう。

 

スキンケアの化粧品も適当に塗るのではなく、てのひらで押し込むように、ひと手間加えていくことで、肌の状態はじわじわと向上していくのです。

顎ニキビ跡〜しこりを治す方法


顎ニキビ跡でしこりになって残ってしまうと、なかなか簡単には治せないものです。

 

しかし、しかるべき仕方で治しておかないと、また同じようなニキビができたり、一層悪化してしまうことになります。

 

では、顎ニキビ跡のしこりを治す方法とは何でしょうか。

 

最も基本的な考え方は、内側からケアすることでしょう。

 

それで、まずは日ごろの生活習慣を見直して規則正しい生活を送り、睡眠不足を解消しましょう。
一般に、ニキビケアには睡眠が非常に重要なポイントとなります。

 

私たちが寝ている間に、様々なホルモンが分泌され、肌を修復したり再生したりしています。顎ニキビ跡の解消にも、睡眠が非常に大きなカギを握っていると言えるでしょう。睡眠の時間の長さに気を配るとともに、睡眠の質にも注意を払いましょう。

 

また別の面から見て、気になる顎ニキビ跡のしこりを治す方法とは、食習慣を改善することでしょう。例えば、ホルモンのバランスを崩しやすいアルコールの摂取は極力控えることが勧められています。その代わりに、大豆製品や野菜などを意識してたくさん食べるようにしましょう。

 

さらに、顎ニキビ跡のしこりを治す方法とは、適度な運動を生活の中に取り入れることです。
ふさわしい運動をすることによって、ホルモンのバランスが整えられ、自律神経の働きが高められることになります。
こうして、ニキビ跡のしこりを治すことができるでしょう。

 

これらの要素に加えて、さらに顎ニキビ跡のしこりを治す方法とは、ストレスを上手に発散させることでしょう。
ストレスがたまった状態では、脳が正しく指令を出せなくなり、ホルモンの分泌が妨げられてしまうからです。"

ピーリングとゴマージュの違い

最近話題の、ピーリングとゴマージュの違いとは刺激の差にあります。

 

ピーリングは酸を肌に塗りこむことによって、古い角質を取り除くスキンケアのことをいいます。
もともとニキビ治療のためにはじめられたようです。

 

最近ではピーリング剤なども市販されています。AHAと記載されているものは刺激も少なく、初めての方の使用に向いています。
ニキビ跡クレーターの治療にも効果がありそうです。

 

ゴマージュはハーブなどの天然の植物を用いて、お肌の汚れを取り除くことをいいます。
やさしくすりこむのがポイントで刺激も少ないようです。

 

 

お肌に負担をかけることなく角質ケアをすることができます。
顔の肌は敏感なため、力を加えることなくケアできるという点でいま注目されています。

 

 

ピーリングは耳慣れた言葉で、市販されているものも多く見かけることが多いですがどれがいいのかわからないこともあるでしょう。

 

そんなとき、ゴマージュにも目を向けてみるといいでしょう。自分に合った方法を見つけることが一番です。

 

顎ニキビ跡を治す食べ物(栄養素)

ホルモンバランスの乱れやストレスなどが原因となってできる事が多いと言われる顎ニキビですが、ニキビ跡の改善には、普段から口にしている食べ物が大きく関係していると考えられています。
では、顎ニキビ跡を治す食べ物とはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

ここでは、顎ニキビ跡に効く三種類の食べ物(栄養素)をご紹介しましょう。

食物繊維

まず一つは、豊富な食物繊維を含む食べ物です。
なぜなら、顎ニキビと腸内環境は密接に関係しているからです。食事を含む生活習慣やストレスなどから腸内環境が乱れると便秘になりやすくなり、結果としてニキビができることがあります。そこで、食物繊維を豊富に含む食べ物をしっかり摂ることによって、顎ニキビ跡を治すことができるようになるのです。食物繊維を豊富に含む食べ物としては、モロヘイヤやゴボウ、おからや納豆、またパセリやアボガドなどを挙げることができるでしょう。

ビタミンA、C、Eを含む食べ物

さらに、顎ニキビ跡を治す食べ物とは、ビタミンを多く含む食べ物です。ビタミンは、肌のターンオーバーにとって欠かせない栄養素です。つまり、顎ニキビ跡を治すのに不可欠な栄養素と言うことができるでしょう。それで、ビタミンAを多く含んだニンジンやホウレンソウ、ビタミンCが多く含まれているブロッコリーやグレープフルーツ、またビタミンEが豊富に含まれているカボチャやゴマなどを意識して食べるなら気になるニキビ跡の改善に役立つでしょう。

亜鉛

これらに加えて、別の種類の顎ニキビ跡を治す食べ物とは亜鉛です。亜鉛という栄養素には、新陳代謝を促す働きがあるため、新しい細胞を作り、新しい肌を作るのに貢献します。それで、亜鉛を多く含んでいる納豆や大豆、牛肉などの食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。

 

顎ニキビ跡を消したい時に一緒に選ばれている化粧品


ニキビは顔や胸のあらゆるところにできてしまいがちですが、治ったと思っても跡が残ってしまうことがネックになります。顎には特にニキビができてしまいやすい人が多く、顎ニキビ跡を消したいという願いを持っている人は多数いるのが事実でしょう。

 

そのときにただ放置しておいても劇的な改善を見込むことはできません。
積極的に働きかけていくことによって顎ニキビ跡を消せるようにしていくことが重要になります。

 

顎ニキビ跡に対処するための化粧品として注目したいのがリプロスキンとメルラインです。
どちらもニキビ肌の人のことを考えて作られた化粧品であり、ニキビ全体に関わる肌トラブルに大きな貢献を期待することができます。

 

リプロスキンの顎ニキビ跡への効果って?

リプロスキンとはニキビ跡のための化粧品として市場に登場した化粧水であり、敏感肌であることが多いニキビ肌の人にとって刺激が少なくて使用しやすいのが特徴です。ニキビ跡をなくせるようにするための成分が豊富に配合されているのがリプロスキンであり、プラセンタエキスによって細胞のターンオーバーを促進することができるのがその中心的な効果になっています。ニキビは肌の奥深くにまで傷を作ってしまうため、その全てを作り直すことが重要になりますが、それを促進する効果が期待できるのがリプロスキンです。化粧水としてニキビ肌、顎ニキビ跡を改善するのに役立つでしょう。

 

メルラインの顎ニキビ跡への効果って?

一方、メルラインとはクリームとして販売されているオールインワンの化粧品であり、顎ニキビの予防効果の高さに着目しているのが特徴です。顎ニキビを繰り返さない化粧品として成分の配合が行われています。グリチルリチン酸ジカリウムによる抗菌効果に加えて、肌の保湿性を高めることによってニキビ予防を行っていくことが基本概念となっているのがメルラインです。

 

リプロスキンとメルラインの顎ニキビ跡への効果の違いは?

リプロスキンとメルラインには共通で含まれている成分が多く、基本的にはどちらもニキビ跡をなくせる、繰り返さない化粧品として位置づけることが可能です。しかし、違いとなるのがそのバランスであり、顎ニキビ跡を消したいという願望を叶えるためにはリプロスキンが特化していると言えます。

 

しかし、顎ニキビ跡への予防効果の高さではメルラインに軍配が上がると考えるのが妥当です。しかし、いずれもニキビ跡を解消するためのプラセンタエキスが含まれていて、繰り返さないためのグリチルリチン酸ジカリウムや保湿成分が含まれています。自分に合っている方を選んで利用していくのがより良い選択になるでしょう。